千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記その16

<<   作成日時 : 2010/03/31 02:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年度末の忙しいさなか、今日のラスリサスもたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございます。
レッスンのほうも、早い時間にも関わらずお越しいただいた皆様、本当にありがとうございます。

何人かの方から、「あすは残業確実だから、せめて今日は踊らないと!」ということで、
職場には理由をつくり、踊りに来ましたという話も聞きました。

息抜き、大事です!


ちなみに私のほうは、毎日息を抜きながら仕事をしていますので、
これ以上息を抜くと、サルサすら出来なくなってしまいそうです・・・。

ま、それはそれとして。


今日はたいへん大きな発見が、というか気付きがありました。

ラスリサスからの帰り、方向が同じなので、Yoriko先生をいつも乗せて車で帰るわけですが、
話の流れから、私の踊りの話になったわけです。

私は、どうにもコンテンポラリー系やルンバなどの一人で体を動かすことが大変苦手でして。
重心の移動やら、軸の取り方、体の芯を作る動きが出来ないわけです。いま現在。

「・・・そういうのは、どうしたら良いんですかねぇ」と。

すると先生がこう言うわけです。
「しょうがないわよ。あなた今まで体全然使ってなかったんだから。体の使い方知らないでしょ」
つまり、子供のころから、木登りだの、駆けっこだの、体を使った遊びをあまりしてなかったでしょう。
だから、体を使う術を体自身がわかっていないのよ。


ピンポ〜ン!
と、私の頭の中に電球が灯りました。

そうです、私は典型的なもやしっ子だったのです。
木登りはしたことないし、駆けっこしないし。逆上がり出来ないし。草野球もプロレスごっこもしなかったし・・・。

な〜るほど。そうか。そういうことだったのか!
私は最近とくに、どうして自分はこんなに動けないのか。努力しても努力してもまだ足りないのか・・・。なんてグニョグニョ悩んでいたのですが、原因がはっきりわかったのです。

「そしたら先生、ここまで動くようになった俺って、逆にすごいじゃないですか」

30年間もやしっ子で生活していたのに、たった3年でこんだけ動けるようになったということは、
かえってすごい事だと。俺って努力してるんじゃん!


で、そんな自分が大好きになっちゃった♪
という話がしたいわけじゃあないんですよ(笑)

もともとがマイナススタートなんだから、軸がとれなきゃ、取れるように頑張るしかないじゃん!
生まれて初めての経験を体がしてるんだから、なかなか出来なくて当然じゃないの。

という具合に、頭が切り替わったわけです。


出来ないには、出来ないなりの理由があるわけですね。
技術が足りない、レッスンが足りないというわけじゃなく、もっと根本的な原因があるわけです。
今回は、その根本原因を知ることができたわけです。


「私の体が自分の体の動かし方を知らない」

大事なのは、それを体に教えてあげることなんですね。私の場合。


もうひとつ重大な事が。

私の場合、今までこういう大きな気付きは、大抵『地雷』を踏まないと理解できなかったんです。
でも今回は、地雷すら踏まずに発見できた!

これもすごい進歩なんです。自分としては。



さあて、これからもぼちぼち頑張るかな〜っと!
・・・の前に、まずは寝ることにしよう。

ではでは。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記その16 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる