千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記その13 & 御参り

<<   作成日時 : 2010/03/03 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は気温が低かったにも関わらず(?)盛況な日でした。
やはり春が近づき、みなさんの踊りたい!という気持ちが盛り上がってきたのでしょうか。

レッスンの方は、女性が多いという事で、
女性向けの体の使い方。「女性らしさ」を出すと言いましょうか。
腰の使い方、リードを受ける時の「ため方」などを中心にレッスンを行いました。

ターンをするときに、腰を若干反対方向に振って進む。
「腰を切る」と言いますが、これが意識してもなかなか動きませんねぇ。
一見、リードに反する動きのようにも見えます。
これは、身体全体で振ってしまうと、リードに反して動く様に作用してしまいます。
あくまで腰だけを振る。

これが難しいんですよ…。

ただ、これが自然とできるようになると、リードへの反応が早くなりますし、自分自身も楽に動けるようになります。
速いテンポでもついて行き易くなる訳です。
また、リズム取り自体、ずれ難くなります。
これは大きなメリットです。

どうしても、リードに付いて行こう、行こうとすると焦りがちになります。
その結果、リズムが早くなってしまう傾向があるからです。


しかし、こういったことは一回二回の練習では身に付かない物です。
少しづつ意識していけば、それが自然にできるようになります。
それが、「身に付く」という事ですよね。



話は変わって。
私の住んでいる地区には、真ん中にこんもりと丘と言うか、小山がありまして。
その山にはお社が奉ってあります。
先日1日、ちょうどキリのいい日だったので、初めて(自主的に)お参りしてきました。


画像


えらく急で、細く狭く、今にも崩れそうな石段。
これでも奇麗に整備されたもので、以前は階段なのか獣道なのか判らないくらいでした。

画像

山の上。お社へ続く道。
風に揺られて木々の枝が擦れる音。鳥の鳴き声が聴こえてきます。

画像


お社。
なんだか心霊スポットのような写真になってしまいました…(汗)
しかし、子供の頃は恐かったんですが、いまこうして来て見ると、自然と心が落ち着きます。
不思議なものですねぇ。


私はいつの頃からか、神頼みはしなくなってしまいました。
「神も仏もあるもんか!」と。

しかし、感謝することもしなくなっている事に気が付いたんですよ。
石田先生が以前、神様は頼みごとをするのではなく、感謝するものだ。
といっていたのがずっと気に掛かっていましてね。

私自身いろいろ嫌なこと、面倒な事があり、
概ね順調に生活していることを忘れがちになっていまいます。
それを思い出す、認めるためのケジメとして、今回「お礼参り」をしてきた次第です。

平穏無事に暮らしている事に、感謝感謝であります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記その13 & 御参り 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる