千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記その19

<<   作成日時 : 2010/04/21 02:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の銀座ラスリサスのレッスンは、まさにレディースデーでしたね(笑)
雨の中ご参加いただき、本当にありがとうございました。


レッスンの内容も、女性のムーブメントや、フォローについてなど、
いつもよりも細かく、じっくりと進めていきました。



女性からは、よく「男性は大変ですね」という感想を頂戴します。
曰く、リードして、リズムをキープして、いろんな技を組み合わせて・・・
やることがいっぱいじゃないですか。

そうですねぇ。
男性は大変ですね。サルサを楽しむ余裕が出るまで、数か月から一年くらいかかるのは普通ですからね。

でも、成長した実感、達成感は男性のほうが、そのぶん判り易いんです。
私自身、いまでも踊りの変化を感じますし。


反面、女性のほうはもしかしたら、「成長した実感」「達成感」というものが判りにくいのかも知れません。
実際、男性のリードさえよければ、初めての女性でも1時間もすれば一通りのパターンは踊れてしまうでしょう。

あとは音楽やリード、動きに慣れてしまえば良いわけです。

で、そこから先は・・・?

一年くらい経つと飽きてしまったり、「シャイン」に熱中したり。
うーん・・・。


私は男なので、こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが、
女性には、男性を楽しませていただきたいなぁ、と。

媚をうって欲しいわけではないんですよ。


男性の価値っていうのは、女性を楽しませて、笑顔にさせて決まるわけです。
女性の価値っていうのも、同じなんじゃないかなぁって、思うわけです。

ほら、リード受けて踊ってって、受け身なばかりじゃつまらないでしょ。飽きちゃう。
だからと言って一人で踊っちゃぁ、サルサの意味ないし。


女性は大変だなぁ。
と、私なんかは思うのですが、いかがでしょうか。



昨日、友人から送られてきた写メ。
思わず爆笑でしたが、女性からこんな感想言われたら、たまらんでしょうなぁ・・・。ムフフ♪

そんな妄想が現実になるように、わたしなんぞは踊り続けるわけです!

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記その19 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる