千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサ上達への近道とは・・・

<<   作成日時 : 2010/04/26 21:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


サルサを初めて、良くも悪くも、最初に引っかかるのは「音楽としてのサルサ」ですね。

音楽として聴いて、楽しい、ノリがいい!という印象を持ちますが、
果たして、これに合わせて踊るってどういうこと?

というのが、大方の感想だと思います。

メロディ云々よりも、リズムを聴きとらないと、最初の一歩すら踏み出せません。
で、そのリズムという奴が曲者でして・・・。

リズムを刻む楽器が、やたらと多い。
しかも、リズムがみんな、てんでバラバラ(に聴こえる)。

コンガ、ボンゴ、クラベス、マラカス、ギロ、カウベル、ドラム、ベース・・・
単純に挙げるだけでもこれだけの数の楽器がリズムを刻んでいるわけですよ。
そりゃあもう、頭の中は♪マークの大洪水です。

よく、クラベのリズムを聴きなさい。ベースの音を聴きなさい。コンガの音を聴きなさい。
などと言われることがあると思います。

それはまったくその通り。
私も今ならそうして踊っておりますが、最初のころは判らないんですよねぇ。


じゃあ、どうすりゃ良いのさ!


もう、慣れてください(笑)。慣れるしかない。
音楽をたくさん聴くしかないんです。これは。

しかも、お金をかけて慣れてください。

CDをね、自分で買ってください。
最初はコピーしてもらうのもしょうがない。なかなか売ってないですしね。
ユーチューブとかでダウンロードしても良いでしょう。

でもね、次は必ず自分で買わないとだめ。実にならないですから。
何を買っていいかわからなかったら、適当に5枚くらい、中古品を買ってください。
中古なら5枚買っても3千円〜5千円くらいです。

そしたら1枚くらい、自分の気に入るアーティスト、曲があるはずです。

お勧めのアーティストや、お店、レッスンなどで流れた曲名を聞いてみるのも良いですよね。

でもね、それも最初だけ。
あとは自分で探さないとだめ。

あ、これ失敗だなぁ。 お!これはめっけもんだ!とか。

いろんな曲を聞いて、自分で判断できるようにならないと、「曲を聴く」耳は育たないわけです。
他人の良し悪しに依存していては、成長しないんですねぇ・・・。


みんながサルサのcdを買うようになれば、cd屋さんも仕入れるようになり、また良いアーティストも育つわけです。


せこい人、踊りにせこさが出てますよ〜ん!



☆★☆★サルサのcdを聴き終わったら、私に売ってください!☆★☆★

        cd、レコード、LD、dvd を買取しております
      
            つかもと商店(まひなぁ☆すたぁズ)

             http://www.recochan.jp/

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサ上達への近道とは・・・ 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる