千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記 その34

<<   作成日時 : 2010/07/21 02:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんばんわ、仏のけんちゃんです。


・・・・・・人情刑事みたいだな(汗) 



いや実は、先日レッスン仲間のNさんから、「塚本さん、仏の笑顔ですよね」と言っていただきまして・・・。
その場にいた、ちょっと付き合いの長いMさんは爆笑していましたが、しみじみと、「印象って変われば変わるのねぇ」と。

そうですねぇ。私も自分の評価の変わり具合に驚くやら嬉しいやら。

以前は「いかりやけんいち」でしたから(実はここだけの話、いまも短気は変わらないんですけどね)。



え〜とですね、中身は正直なところ、あまり変わらないんですけど、印象は変えられるんですね。
Yoriko先生はよく「外見は大事よ!」と言います。やっぱり外見の印象によって、その人に対する接し方はかわりますもんね。誰でも。

それならば、少しでも良い印象を持ってもらった方が、自分にとっては「得」なわけです。
「イライラしている人」という印象よりは、「柔らかそうな人」という印象を持っていただけるなら、その方がいい。

で、印象が変わると、連動して踊りも変化はでるのかな、と感じます。
卵と鶏の例えのように、「外見の印象」と「その人の踊り=異性との接し方」は密接にリンクしているようです。どちらの変化が先かは分からないんですけど、少なくともどちらもリンクしている。これは確かです。


そういう観点から、自分の外見に気を遣うのは、実は非常に大切なことなんだと思います。
「形から入る」って、使い方によってはすご〜く有効なんですよ。


サルサも、見た目にこだわって踊るの、むちゃくちゃ大事です。
だって、見た目がかっこ悪かったら、女性にもてないじゃん!

正しく踊っていれば、かっこよく見えます。
かっこよく見えない踊りは、必ずどこかが間違っているんですねぇ。
踊りはそういう部分で、ものすご〜く正直なんです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記 その34 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる