千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉でつながるむずかしさ。

<<   作成日時 : 2010/08/03 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ニポンノコトバ トテモムツカシヨ ワタシワカラナイネ・・・


う〜ん・・・まぁそういう話であるような、ないような。
うん、そういう話です。はい。


結局のところ、わたしは言葉で誰かと会話するのが苦手でありまして。
で、私が教わっているサルサというのは、「言葉がいらないコミュニケーションツール」でありまして。

・・・だからと言って、「逃げの手段として」サルサを利用するのは、間違いなのであります。

言葉のつながりと、言葉を使わない(言ってしまえば体の)つながり。これはお互いに補完されるべきものなんだと思います。


現在は、あまりにも社会的に「個」が強調されすぎて、他人とつながる事を必要としない錯覚を覚えます。
もしかしたら、「文明化」というのは、人間が、人間の動物的なものを排除することと言い換えられるのではないでしょうか。そして「孤独化」が進むものなのかもしれません。


そう、サルサは、とても動物的です。
男は男らしさ。女は女らしさを求められます。これは、実はとても非文明的なことなのではないでしょうかねぇ。
そして、音楽を感じて踊るんです。「感じる」というのは、とても非科学的ですよね。


で、あるからこそ、現代の日本に「非言語コミュニケーション」としてのサルサが必要なんではないかと、私は思うのであります。

サルサに必要なのは、「クルクル回ること」ではありません。「会話すること」なのであります。


あ!話の意図した趣旨が変わってる・・・。

これだから言葉って難しいんだよなぁ〜 トホホ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉でつながるむずかしさ。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる