千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記その35 #salsajp

<<   作成日時 : 2010/08/11 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


昨日のラスリサスも熱く盛り上がっていました♪
レッスンでは、残念ながら(?)女役で。男女比のバランスは、なかなかうまくいかない時もありますねぇ(笑)


え〜と、この8月でサルサをはじめて丸4年が過ぎ、5年目に入りました。
ここ最近、やっとこさ自分なりの音の楽しみ方ができるようになりはじめたような感じです。

むむむ。わかりにくい文章だなぁ・・・。


簡単に言うなれば、「ちゃんと踊るのや〜めた」って感じでしょうか。
私なんぞは立場上、「ちゃんと踊りましょう」って言わないといけないんでしょうけれど、どうでしょう、それって求められているのかなぁ、とも考えるわけです。

そもそも「ちゃんと踊る」ってどういう事なのかしらん??


私の場合、つねに「ちゃんと踊らないと!」という気概を持って踊っているため、それはそれで良いんですけれども、なかなか面白みがない、という不具合も出てくるわけです。


で、最近決めた事がありまして。

「良い人や〜めた」(やめるなら今が限界年齢だろう)と。

そうしますと、自動的に「ちゃんと踊ることもやめる」ことになり、音を楽しめるようになってきた。という具合なのです。


むむむ。わかりにくい文章だなぁ・・・。


「良い人」であろうとすると、ちゃんとしていないといけないんですが、「良い人」やめちゃえば、ちゃんとする必要がないわけです。


「悪い人」になっちゃえば良いんです。はい。

ここで気をつけておきたいのは、「悪い人」 ≠ 「悪人」ということです。
悪人とは、犯罪者とか、破廉恥な人とか、まあそういった社会的悪であると仮定しております。


日本人の踊るサルサに、どうして色気がないのかと言えば、「良い人」が多い事の証でありましょう。で、色気を出そうとすると、いやらしくなってしまう。「良い人」のまま色気を出すのは、至難の業ですよ。


「チョイ悪」なんて言葉に本気で踊らされている人は、やけどしますから止めた方がいいですよ。


画像


先日帰省の折に買った、福島のももジュース。
わたくし、ももが大好きなのであります♪

100%もものさっぱりとした甘さ、ちょっととろみのある喉ごし。たまりませんな!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記その35 #salsajp 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる