千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスン・アシスタント日記その40

<<   作成日時 : 2010/09/16 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


いやはや、もう曜日的には木曜日になってしまいましたが、
今週火曜日の銀座ラスリサスは、レッスンもフリータイムも男女比が程良い感じで、フロアは大いに盛り上がっていました♪


で、今日は来る9月20日行われる、「ファミリーサルサ」の振り付け練習。
細かい修正や流れの確認など、本番に向けて気合を入れて頑張っております!

ファミリーサルサの詳細はこちらからご確認ください♪




え〜と、私はすでにアシスタントと言う立場になっており、将来的に、もしかしたらサルサなどをお教えする立場になる可能性は、高いと思うわけです。自分でも。

ですから、例えばレッスンを受ける時であっても、そういう視点で受けることもあります。
「ああ、こういう風に伝えるのか」とか、「レッスンの流れ」とか、そういう部分ですねぇ。

レッスンを受ける時、ほかの生徒さんと違う事は、しかしそれだけなんです。


どうしてもよく耳にしますのが、「自分は教えるわけじゃないから、(技術的に)このくらいで充分です」という言葉。


こういう言葉を聴くたびに、むむむむ。と、引っかかってしまいます。
続けるとか止めるとか、そういう事情は誰でもありますから、それは良いんです。
しかし、「このレベルで充分」という考えをお持ちの方は、はっきり言って成長しないんじゃないかなぁと。


突きつめて行くと、その先にあるのはどん詰まりの袋小路ではなく、広大に広がる無限の宇宙なのであります。

私はいちおう、そういった自分の可能性を信じて、レッスンを受け続けているのです。
それがない人は、いくらレッスンを受けても、長く踊っていても変化がないわけですねぇ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスン・アシスタント日記その40 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる