千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震なのか風なのか、それが問題だ。

<<   作成日時 : 2011/03/24 01:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

生きると言うことは、存在し続ける、ということだと思います。
わたしたち人間にとって、自分の存在が無くなるということは、想像を絶する辛さであろうことは明白であります。

今回の地震では、あまりに多くの存在が失われ、
また、存在し続けている者にとっても、かけがえのない景色が、生活が失われてしまいました。


ごく普通の日常の中に、突如侵入してきたこの非日常的状況は、
私の中に存在している「自分の存在」を、大きく揺さぶっております。

余震が来るたびに、余震が来るのではないかと考えるたびに、私の中に襲ってくる恐怖心は、まさしくそこを突いているからに他なりません。停電や放射能や自宅の倒壊が怖いのではなく、そのさらに先にあるものが恐ろしいのです。


とは言え、ご飯は三食、夜はきちんと寝て、仕事をし、踊ったりもしているわけで、決して思い悩んでいるわけではないですが・・・。


私がなぜか、サルサを踊るようになったのは、理由は色々あれ、自分の存在を確認したかったのかもしれません。
自分の存在を確認するには、他者と接することが一番手っ取り早いからであります。

私はこれからも、いろいろな人と出会いつつ、別れたりしつつ踊っていきたいと願っています。

あ〜 また揺れてます・・・

とっとと寝ろと、地球が言ってる(汗)





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震なのか風なのか、それが問題だ。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる