千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS これから必要なのは、岡本真夜より山崎ハコ。

<<   作成日時 : 2011/03/26 02:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

かなしい時、つらい時、くるしい時に、それでも時間は無情にも過ぎてゆく時。
励ましも嬉しいんだけれども、本当に必要なのは、一緒に泣いてくれる存在だったりします。

過ぎてゆく時間を実感する時の焦りというのは、それはとても重くのしかかってきます。
喫緊にやらなければならない事があれば、その重荷も反動となるくらい力が湧くものですが、
ふとした瞬間に、それは重く重くのしかかってくるのです。

重荷を背負っている人は、充分に頑張っているのです。
がんばって、ふんばって今の姿なのです。


わたしは、今は踊ることができるので、踊ります。

しかし、踊る状況になかったら?

歌をうたいます。なにか、知っている歌のフレーズでも口ずさむでしょう。


理不尽な、不条理な中を翻弄されながら生きて行かなくてはならない時、そういう現実を、歌は静かに、力強く、明確に示してくれます。

歌に逃避するのではなく、歌を通して現実を見つめるのです。

「愛」だの「みんな仲間」「夢や希望」といったあやふやな理想を追った歌は、この現実の前には蜃気楼の様なものです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これから必要なのは、岡本真夜より山崎ハコ。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる