千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近買ったCD(サルサ&ソン)を紹介しま〜す

<<   作成日時 : 2011/07/25 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


いつも5千円まで。って決めているのに、レジに着くと1万円を超えてしまうKenichiです・・・。


先日も、いつもサルサ関係のCDを買いたいときに行く新宿のお店へ。
アタマの中では、なんとか5千円以内に・・・と思ってみたものの。

10分くらいで手には4枚くらいのCDがあるのですよ。
20分くらいで両手に10枚以上になっているわけですよ。
その辺で、ムムムっと悩み。
値段とタイトルと内容とジャケットの雰囲気(笑)で取捨選択を行うわけです。

だからなるべく中古ソフトを探るんですけど、今回は新譜も何枚か珍しくチョイス。

結果、今回は9枚。いちまんさんぜんえんになってしまいました・・・(汗)

しかし、今回は結構良い感じのが揃ってます。
そのなかのいくつかを紹介しましょう!

画像


渋い!レアな中古盤のロスコンパドレス「黄金のデュオ」と
新譜、コンパイセグンド生誕100周年のトリビュートアルバム。

奇しくも(?)両盤ともコンパイ関係のアルバムです。

ロスコンパドレスの方は、ずっと欲しかった「焼きイモの歌」が収録されております。ムフフ。
新旧の素晴らしいソンのアルバムです。今度レッスンで使ってみよう♪
良い音楽は体を動かすのも楽しくなりますからね〜!


画像


お次はサルサ、ティンバの良盤ですねぇ。
Paulo FGの Sin etiqueta という新譜。サルサ、ティンバ、サルサトンなんかが収録されており、いかにもキューバや中南米の若者に受けそうな感じ。
踊りやすそうな曲もあるので、こんどフリータイム用のCDに選曲してみたいと思います。

もう一方はKLIMAXの中古盤。 oye como va というタイトル。
この曲はもう超メジャーな曲ですが、KLIMAXがカバーするとこれまたかっちょいいです。
このグループもアップテンポなサルサティンバが多いですが、こういう曲でスムーズに踊れるようになると素敵ですよ。


画像


こちらも渋い2枚。
ロスパピーネスという3人のコンガ奏者からなるグループの「パピーネス・エン・デスカルガ」と、
コンフントカシーノというグループの1950年〜60年代に録音された音源を集めたCD。

どちらかというと、ロスパピーネスはアフロ色の強い曲。ルンバなどが多いですが、とにかくパーカッションの洪水という具合にものすごい勢いがスピーカーからあふれ出てきて、自然と体が動きますよ!

コンフントカシーノは一方、革命前のキューバ黄金時代のショーバンドとでも言いましょうか。
曲調としては、グァラーチャ、モントゥーノといったものや、マンボ、ボレロとなっております。

こちらも機会があれば、フリータイムやレッスンで流してみようかと思います。
50年前の録音なのに、現在でも立派に通用するのが、キューバ音楽のすごさでありましょう。


そんなこんなで、またCDを買ったらご紹介してみたいと思います。
いろいろ知識も付けておかないとね。

ではでは!
また水曜日の夜8時にお会いしましょう♪

サルサレッスンQ&Aはこちら・・・

◆■◆■◆千葉駅西口・オーシャンディープのサルサレッスン◆■◆■◆
       毎週水曜日・20:00〜21:00 ¥1,500-(1ドリンク付き)
      21:00以降はフリータイムです。踊って、飲んでおしゃべりして♪
             ご参加お待ちしておりま〜す

                   Kenichi 


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近買ったCD(サルサ&ソン)を紹介しま〜す 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる