千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 表情のあるサルサを踊っていたい。

<<   作成日時 : 2011/07/11 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんばんわ、深夜で眠たいのですが、どうも眠れずにいるKenichiです。

そう、音楽の旋律には、喜怒哀楽があります。
技術的なことは脇に置いておいて、とにかく喜怒哀楽があります。

音楽に合わせて踊るサルサには、さて、喜怒哀楽があるのでしょうか。

答えは、あります。モチのロンです。


ところがどっこい、サルサを踊っている人たちを観ていると、喜怒哀楽が全く見えないひとの多さに驚きます。
う〜ん、踊りに表情が無いんですよね。顔じゃなく。

顔の表情というのは、頭である程度操作することが出来ますので、笑顔を作れば、楽しそうに見えます。
しかし、踊りというのは思い通りに行かないもので、「何のために踊っているんですか?」と、余計な質問をしたくなる人がたくさんいます。

あ、楽しそうじゃなくても良いんです。怒ってても構わない(相手は嫌でしょうが…)。
上手いとか下手とかもあんまり関係ないんです。

その、自分の中にある色々な感情を、音楽に合わせて表現する。それを相手が感じて、反応する。
そういったサルサが、表情のあるサルサなわけです。


はっきり言いまして、サルサはわたしたち日本人には特異な遊びだと言えます。
なぜなら、サルサはラテンの国の日常であり、私たちはラテンではないからです。

しかし、あえてその特異な遊びを楽しむのであれば、有意義に利用するべきです。


くるくるまわってハイポーズ。というサルサは、それも表現の結果であればアリだとおもいます。
それしかやることが無いのであれば、そんなモッタイナイ話はありません。


毎週水曜日に千葉駅西口オーシャンディープで行っているサルサレッスンでは、
一時間という短い時間ではありますが、「二人で踊る」ということを重視して基本的な技術をお伝えしております。
私自身も「お教えする技術」が未熟ではありますが、毎回しっかりと大切なポイントを逃さずお伝えします。

サルサに興味ある方、サルサに飽きてきた方も、新しい発見をしてみませんか?

ではでは、おやすみなさい。

Kenichi



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
表情のあるサルサを踊っていたい。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる