千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサレッスンでお伝えしようと思っていること。

<<   作成日時 : 2011/08/05 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんばんわ、Kenichiです。
急にこちら成田は雨が降り出しました。なんだか強い雨ですねぇ・・・。


今日は、サルサレッスンの内容といいますか、方針の様なものをひとつ。

女性の方は、誰とでも踊れるような「リードの受け方」をお伝えしております。
女性は基本的に、「リードを受ける」立場ではありますが、「完全受け身」である必要はありません。
男性のリードを受けて、「じゃあ私はこう動きますよ」という、会話で言うところの「返事」をします。

ふつう会話する時、「はい」「いいえ」だけではつまらないですよね。
「女性はリードを受ける」というと、「はい」で返事を強制されるような感じをうけますが、それは間違いです。

男性のリードはあくまで、会話のきっかけは男性が出すんですよ、という意味なんです。
男性は、ですからリードは分かり易く、ハッキリ出します。そうしないと、女性が応えられないからです。

もちろん、いくら分かり易くと言っても、「詰問」してはいけません。
つまり、乱暴なリードや、居丈高なリードをすると、それは女性に伝わっておりますので、嫌われます・・・。


男性のリードに、女性はお返事をするわけです。
女性は、返事の内容は決まっていません。好きなようにお応えください。

ただし、文脈や句読点は守る必要があります。
つまり、リズムであるとか、リードを無視しない、というお約束は守ってください。

男性は、その女性からの返事について、返すわけです。
ですから、男性はかならず女性の反応を受けて、次のリードをします。
返事の内容を無視して、自分の考えを一方的に話し続けると、「この男、分かってないわネ!」と、なるわけです・・・。


さて、サルサレッスンで何を伝えたいのかというと、
サルサって会話なんですよ、ということです。

レッスンであれこれご指摘しますのは、赤ペン先生の添削のようなものだと思ってください(笑)
言葉のルールさえ出来ていれば、あとは自由に踊っていただけるのです。


そんなこんなで、毎週にぎやかに、あっという間の60分です。
悩むヒマはありません(笑)
どんどん体を動かして、カラダもアタマもリフレッシュしましょう!


サルサレッスンQ&Aはこちら・・・

◆■◆■◆千葉駅西口・オーシャンディープのサルサレッスン◆■◆■◆
       毎週水曜日・20:00〜21:00 ¥1,500-(1ドリンク付き)
      21:00以降はフリータイムです。踊って、飲んでおしゃべりして♪
             ご参加お待ちしておりま〜す

                   Kenichi 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサレッスンでお伝えしようと思っていること。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる