千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 本当にしあわせになりたいのかしらん・・・

<<   作成日時 : 2011/12/01 23:51   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0


と、思ったりしちゃいます。


身を持ち崩す方というのは、たいてい自分で判断をしません。
どんな状況であれ、自分で判断をして、行動しないといけません。

その結果、自分の思い描いた結果になるかならないか、これは残念ながら自分では決められません。
しかしながら、自分で判断することを止めてはいけません。

流行に乗ることを是とするのは人の世の常でありますが、
流れ流され、自分で考えることを止めてしまった人が多いような気がします。

そう、自分で考えずとも、この国では基本的にフツーに仕事をしていれば、フツーに生活が送れます。
食事、職業、住居、娯楽、結婚から出産子育て葬式、思想、宗教まで。ありとあらゆるサービスが整っており、何を考えずとも、誰とも個人的なつながりを持たずとも暮らしていけるのですから。


住環境が清潔になったがゆえに、花粉症などのアレルギーが増えたように、
脳内の環境があまりに平坦になってしまったせいで、ヒステリーな人が増えたような気がします。

インターネットやテレビ、ゲーム、ビデオなどで仮想的に体感できるあらゆる刺激は、あくまで仮想であります。
いくら技術が進んで、匂いや立体的な感触が機械で表現できたとしても、それは機械が作り出した感触にすぎないのです。

脳への刺激だけで、あらゆる欲求を満足せしめるのだとしたら、私たちはすでに生物として成り立っていないことになるのではないでしょうか。


技術の進歩を否定する気は毛頭ありませんが、「便利」の裏側にある「実態」を見極めなければ、これはまったく、放射能どころの恐ろしさではありません。


サルサは基本的に「不便」がおもしろいのです。

打ち込みの電子音楽ではまったくおもしろくありませんから、人間がそれぞれ楽器を演奏しなくちゃいけないし。
楽譜どうりの演奏をしても盛り上がらないし。
男性と女性が手を取り合って、お互いを考えつつ踊らなくちゃいけないし。
決まった踊りをすれば良いってもんじゃないし。
なんといっても、自分で考えて動かなくちゃいけないんですよ。

ハッキリ言って、面倒なのです。
しかし、改めて言うまでもなく、それがおもしろいのです。


正論を振りかざして意味のない怒りをぶちまけるより、誰かの手をとって、笑顔を増やしたいですねぇ。


Kenichi






テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2012年!本年もよろしくだニャン!
あたりまえの事を言うが、どんな状況であれ、幸福というのは誰の足元のあるはず。1番大切で大事なものは、心の中にあると言ってもいいと思う。お金なんかじゃ買えやしない。心こそが1番大切で大事!と思い感じてなりません。 ...続きを見る
脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・...
2012/01/07 21:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本当にしあわせになりたいのかしらん・・・ 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる