千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS キューバジャパンフェスティバル2012に参加して来ましたの巻

<<   作成日時 : 2012/05/28 02:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんわ、Kenichiです。

本日(27日)は上野公園水上音楽堂野外ステージで行われた、
「キューバジャパンフェスティバル2012・グランドコンサート」でありました。

このイベントは、主催が舞踏家のナルシソ・メディナ氏。
私の先生、東京キューバンサルサのYoriko先生が、ナルシソ氏に師事していたことから、第一回目から毎回参加させていただいております。

応援に来ていただいたみなさん、ご声援ありがとうございました。
何も競うものはないのですが、やはり応援があると張り合いがでるものですね。


今回の自分の演目は、まだビデオを見ていないので何とも言えませんが、
やった感覚としては、面白い感じだったかな、と思います。
客席から笑い声もあがりましたしね(笑)


実は、自分としては今回が一番「頑張らずに踊った」演目なんですね。
頑張らずに踊った、とは、言いかえればあまり余計な力が入っていなかった、と言う事です。

その結果がどうなっているのか、早くビデオで検証したいところなんですけども…


やはり、踊りと運動(スポーツ)の違いとは、この力の入り方なんだと思います。
踊りもスポーツも、いかに効率的に体を動かすか、ということが肝になるわけですけれども、スポーツの場合は、飛ぶ、蹴る、打つ、投げる、走るなど、その目的に応じて必要な筋肉を鍛え、最大限パワーを発揮する努力を要します。

一方踊りとは、「現わす」ことを目的としているので、パワーは無くても良いんです。
例えば、右から左の重心移動が「速く行われることが正しいとは限らない」わけです。
つまり、「力を入れて一生懸命動くことが正しいわけではない」んですね。

こういう意味で、踊りとスポーツは相反する体の使い方をしなければいけません。


さて、自分は今回、「踊れて」いたのだろうか。
楽しみであり、ちょっと不安だあったりするわけです。



【レッスン案内】
今週5月30日水曜日は、平常通り私、Kenichiがレッスンを行います。

来週以降6月中のレッスンは、Hiro先生の代講とさせていただきます。
代講とは言え、私よりも充実したレッスンになると思います。ぜひ休まずご参加くださいね♪

Kenichi

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キューバジャパンフェスティバル2012に参加して来ましたの巻 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる