千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉サルサレッスン7月4日の日記

<<   作成日時 : 2012/07/06 16:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんにちは、Kenichiです。
日記と言っていますが、もう二日も経ってしまいました・・・(汗)


おかげさまで、体の調子もだいぶ良くなり、4日の復帰レッスンもつつがなく(?)出来ました。
参加していただいたみなさま、ありがとうございます。


レッスンでは、「手の使い方」を主題にペアワークを行いました。

手の使い方。

そう、サルサは基本的に手を繋いで、手から手へ情報を伝えて踊っていきます。
ですから、手の使い方というのはとても重要なんですね。


すごく簡単に言いますと、
「手を大きく動かす→大きな動き。ダイナミックだが大味になる恐れもあり」
「手を小さく動かす→小さな動き。シャープで小気味いいが、伝わりにくい」

こういうことを実際に体感してもらいながら、踊り方によって手の動きを変える、というお話をしました。

この辺が分からないと、いつでも、どんな曲でも、どんな雰囲気でもワンパターンな踊りになってしまいます。
それじゃつまらんですよね。


私のレッスンでは、基本的なペアワークを中心にレッスンを行っておりますが、
男性は「技に頼らない」「ワンパターンにならない」サルサを踊れるように考えております。
女性は、どなたとでも踊れるようなリードの受け方、踊り方をお伝えしております。


サルサのペアワークというのは、男性と女性がお互いに活かし合うというのが、飽きないミソです。
自分だけ頑張ってもダメ。
相手に求めてもダメ。

どんなターンができるとか、小難しい技が連続して繰り出せるか。
それはそれで面白いし、有意義なんだけれども、飽きますし、限界が来ます。

サルサ3年説ってのは、どうもその辺に理由がありそうです。

飽きないサルサ。これが上手に永く踊るコツなんじゃないかな。

Kenichi


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉サルサレッスン7月4日の日記 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる