千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサ踊るにゃ言葉はいらぬ・・・の巻

<<   作成日時 : 2012/07/13 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


こんにちは、Kenichiです。

蒸し暑い日が続きますね。家で何もしていないのに、額から汗が流れおちてきます・・・。


わたしはレッスンの時には、いろいろと説明をさせていただいておりますが、
フリータイムでは、基本的に説明はしないようにしています。

もちろんいろいろお話したり、質問があった流れでは説明をしますが、基本的にはしません。
フリータイムで、今日やったペアワークをチャレンジして「惜しい!」という部分があっても、しません(笑)


なぜかというと、フリータイムはレッスンではないし、どのように踊るかは皆さんの個性だからです。
あんまり「先生」という立場の人がしゃしゃり出るもんではないと思っております。


踊りというものに足を踏み入れてからこっち、どうにも「言葉」というやつが妖しいものに感じてきました。
もちろん言葉が無ければ、他人とコミュニケーションをとることが非常にややこしくなりますから、言葉が要らないものだとは思いません。

しかし、言葉の力をフルに活用できるのは、議論とか交渉事の場なんだと思います。
それはまさに、言葉を武器にして自分にいかに有利に事を運ぶか、という目的があるからです。


言葉の力に頼って生きている人は、どうにもギスギスしています。
かりに愛だの平和だのとうたっていても、その人が言葉の力に依存している限り、魅力は生まれません。中身が伴っていないからです。

中身が無い人は、そういう表面的な言葉によく騙されます。
「言葉の力を信じよう」とか吹聴しているひとは、その辺をよく理解しております。


あ、はなしがそれた・・・。


サルサっていうのは、男性対女性という、最小単位の人と人とのコミュニケーションツールであり、「大人の遊び」であります。

男と女が理路整然と話しあって、素敵な雰囲気になりますか?

だまって5分。素敵な時間を演出できるようなサルサを踊りたいもんです。

Kenichi








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサ踊るにゃ言葉はいらぬ・・・の巻 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる