千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサを踊るひと、踊っているつもりのひと。

<<   作成日時 : 2012/11/21 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分がサルサを踊っている時、まぎれもなく私は踊っているんですけれど、実は「踊る」って言葉が、ちょっとこそばゆかったりします。

踊るって言うのは、もっとちゃんとしたもので、自分は踊るというよりは、遊んでいる感覚なんですね。


うーん、べつにふざけているわけじゃないんですよ。
いつもちゃんと踊っているんですけどね。

うーん。


音楽を感じる遊びって言えばいいのかな。
で、その感じた何かを表現する=体を動かす。
表現の結果がサルサの文法に従って、文章としてのペアワーク、ムーブメントとなって表れるわけですよ。

つまりはその「表現する」って言う部分が、まさしく踊りの踊りたるゆえんなんですね。


ですから、いくら「サルサを踊っている」と言っても、その踊りに音楽が見えなければ踊りじゃないわけです。

サルサのまやかしの部分って、たぶんこの辺にあるんでしょうが、踊りってやつはバレエやショーダンス、ポールダンスでもヒップホップでも日本舞踊でも、すべからく「音楽を体で表現する」ものです。

ですから、「ちゃんと踊れているか否か」は、どんなジャンルであれその音楽に合った体の動きがなければならないのです。


「サルサを踊っています」という方で、ちゃんと「音楽が見える踊り」を出来ている人が、どれだけいらっしゃるでしょうか。
ターンが3回連続出来ます。
手が複雑に絡み合った技が出来ます。
なんちゃらかんちゃらのリードが出来ます・・・
あげくに「楽しければ良いじゃん!」って決めセリフ。


音楽が見えるサルサを、ぜひ踊っていただきたいのです。

Kenichi

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサを踊るひと、踊っているつもりのひと。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる