千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 次回5月29日のサルサレッスンはお店の都合で休講です・・・

<<   作成日時 : 2013/05/26 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こんばんは、Kenichi です。

えーと、千葉駅西口のオーシャンディープで行っている、毎週水曜日のサルサレッスン。
次回29日は、お店が貸し切りのため、休講です。

それに伴い、フリータイムもお休みとなりますのでご容赦くださいませ。

以上ご連絡申し上げます。



先だって、テレビで「子供の能力開発」を特集している番組がありました。
速読、絶対音感、暗記など。

いやー子供の対応力ってすごいですね。
すごいですけど、自分の子供にはやらせないです。

その紹介されている子供たちの、まあ無表情なこと。
成績は優秀なんでしょうけれども、大学は良い大学に行けるんでしょうけれども・・・。

はたして、その先に何があるんでしょうか。

ハッキリ言って、頭の良い人は、「開発される必要ない」
勝手にその道に進んで、自分から進んで学びますよ。
周りから詰め込まれて、大成するひとはほとんどいないでしょ。


そういった「能力開発」を施す業者(とあえて言いましょう)は、自信満々にその成果、実績を強調します。
そんな業者の口車に魅了されて、自分の子供を我先に投入する親御さんがいるわけです。自信が無いからね。お金で能力を買おうとしているんですよ。
で、こどもは必死にその期待にこたえるわけです。

いやはや、大人は滑稽ですけれども、そのプレッシャーに耐え続け、応え続ける子供たちは、たいへんなもんですよああた。


私は思いますけれども、「人の能力」って、トータルではあまり大差ないですよ。
生活力があれば、芸術力ってそんなにない。
芸術家が素晴らしい人格者ではない。
わかりますかね。

ひとつの能力に秀でた人たちは、かならずどっか抜けていますよ。
万能な人なんていないんです。

「能力開発」で強制的に一つの(或いは複数の)能力を巨大化させてしまったら、他方かならず反動が生じます。

もうちょっと、長い人生を楽しませる術を、親は教えてあげるべきではないでしょうか。


そのうち子供の「笑顔教室」なんてものが出来るんでしょうねぇ。
いやー怖いですねぇ。恐ろしいですねぇ。

さよなら、さよなら、さよなら・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
次回5月29日のサルサレッスンはお店の都合で休講です・・・ 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる