千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大人になる、ということは矛盾を受け入れること。

<<   作成日時 : 2014/09/24 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


力を抜いて、しっかりわかりやすいリードをする。
相手に合わせつつ、自分は自立する。
後ろ足を踏んで、前に進む。
その他いろいろ。

なんといいましょうか。

最近の世の中は、あまりにみんなが「正義」、「正論」を振り回しすぎるような気がします。

自分の正義を固持するのは結構なことですが、周りは案外、いや絶対、迷惑です。
それはペアダンスでもそうだし、国と国でもおんなじなわけです。

グレーゾーンというと、イメージがあまりよくありませんが、「まあ、良い塩梅でやりましょうや」という、ほどほどの精神というのが、社会の潤滑油になるんですよ。

幸いなことに、日本にはこの「潤滑油」になる言葉、考え方がたくさんあります。
「良い塩梅」とか「ほどほど」「良い加減(いいかげんではない)」「お互い様」「袖振り合うも他生の縁」「思いやり」などなど


サルサはとくに、「自由な」踊りですので、この辺の具合をうまく男女で折り合わないと、うまく踊れません。
決まった「型」がほとんどないので、「型」をあわせようとしてもうまくいかないのです。


正しい、悪い。勝ち、負けだけの単純な思考は、あきらかに私たちの社会を疲弊させ、閉塞させます。
子供のころの針の先のようなとがった純粋さは、社会の荒波にもまれてまるく穏やかなものになるのです。

矛盾を受け入れるとは、「あきらめる」「捨てる」ということにもつながります。
あきらめない人が多いから、暴力的な人が増えるんです。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大人になる、ということは矛盾を受け入れること。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる