千葉と成田でサルサを教える社長のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS サルサを通じて知った、自分のあれこれ。

<<   作成日時 : 2018/05/29 19:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


自分の会社を成長させていくためには、それを助けてくれるスタッフが必要です。
人がいなければ、当社のようなサービス、小売業は成長できません。

新たな仲間を迎え入れたは良いが、その人が必ずしも私と同じ考えを持っているとは限りません。
当たり前ですね。

先ずもって「経営者」と「労働者」ですから、立場が違います。
「労働者」という立場にしても、その人の考え方や、生活環境でまた、求めるものが変わりますよね。


しかし、仕事をしていただく上では、みんなが同じ方向を向いていなければ、会社は成り立ちません。
それはなぜでしょうか。

「お客様へ均一のサービスを提供するため」
これが第一であります。
お客様へのサービス(商品)の提供が、担当者によってバラバラだったら、我が社の商品、サービスは信用されません。信用されなければ、売上が上がらない。倒産ということに直結するからです。

その同じ方向を向くということを「価値観の共有」と言うわけです。

繰り返しますが、スタッフには、全員が同じ方向を向いてもらわないといけない。
その方向はどっち?

社長たる、私が向いている方向です!
青春映画のベタなワンシーンのように、私が指さす方向をみんなが見つめるのです(笑)


で、社長の向いてる方向はどっちですか?
あっち?こっち?どっち?上下左右東西南北のどこよ!
これが難しい。

う〜んう〜ん・・・と、少ない容量の脳みそをフル回転させて思いついたのがこれ。

「ダンスけんしゅう!」(ドラえもん風)


なんじゃそれ!?
つづきはまた次回。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルサを通じて知った、自分のあれこれ。 千葉と成田でサルサを教える社長のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる