年商3,000万円、経常利益率5%を目指して。〜千葉県成田市のレコード出張買取り専門店レコちゃんカンパニー

 

何でこんなに朝が早いのかというと、目覚まし時計が30分以上前にずれていたからです。

(たぶん子供だ。遅くずれるよりはマシだね・・・)

 

 

昨年10月に第7期の決算。12月に申告と納税を済ませまして、売上は過去最高の2,300万円なのに、全然利益が増えないことに、悶々とした日々を過ごしております・・・。

(最終利益はたったの4万円。なんじゃそりゃ)

 

 

やはり、諸処の経営本を読みましても、自社の体質を振り返りましても、はっきり分かること。

「うちは、効率が悪い」

 

で、言っちゃうのが「うちの業界はこんなものだろう」と。

だって新品じゃないし、一品ものを扱っているんだから。

並べておけば(出品しておけば)いつか誰かが買ってくれるだろう。

単価が安いからしょうがない。

在庫はたっぷり抱えておかないと、商売が続かないでしょ。

その他云々・・・

 

そうやって、かれこれ創業からもう17年。

規模は大きくなっているけれど、利益は全然出ない。

個人事業なら、生活はできているから良いけれど、会社としてやっていくには、これじゃあダメだ。

ここから規模を大きくして行くには、利益を出さないと。

 

で、いまやり始めたこと。

1,今年は広告を出稿しない。

2,未出品商品の倉庫を整理する。

 

倉庫を整理するとは、

1,不良在庫品をどんどん捨て、床面積で20平米分空ける。

2,空いた部分から「棚」を設置する。(今、未出品の在庫品はすべて床置き、箱の積み重ねで効率が悪い)

3,棚を設置して、大まかな品目毎に在庫を分類する。

4,スタッフが管理出来るようにする。(現在、社長しか手が付けられない状態で効率が悪い)

5,早く、高く売れる商品から売る。(商売の基本だが、なかなかこれが実行できない)

6,売れない商品はどんどん捨てる。(同上)

 

そこから、

「社長、次何を出品しましょうか」

「はいはい、今準備します」

という効率の悪いやりとりを止め、スタッフが「ここにある商品はどんどん出品する!」と、自分で動けるようにする。

 

で、全体の効率(生産性)を向上させる。

月商で250万円を確保して年商3,000万。

経常利益150万(売上比5%)を出す。

 

ざっくりこんな計画です。

がんばろう。

 

千葉県成田市から関東各地へ出張買取りしています。

大量のレコード、CD、DVD、オーディオ、おもちゃ、ゲーム、古本。

株式会社レコちゃんカンパニーをよろしくお願いします。

https://www.recochan.jp