CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
「怒り」との付き合い方は自分との向き合い方。
0

     

    「怒り」というのは、自分を認めてほしいという欲求の表れ(の一つ)です。

    ですから、怒りっぽい人とか、短気の人というのは、自己承認欲求を満たせば、ある程度治ります。

     

    私自身、非常に怒りっぽい性格なのですが(基本的に性格は変わりません)、踊りとか音楽を媒介として自分と向き合い、ある程度周りから認められるようになると、その「怒り衝動」はだいぶコントロールすることができるようになりました。

     

    基本的なその人の性格、性質というのは、たぶん生まれてから死ぬまで変わらないのでしょう。

     

    だから、平穏に見える人が酒を飲むと豹変したり(酒の力で隠していた性格が出てくる)、車のハンドルを握ると攻撃的になったりという、「えっ!まさかあんな人だったなんて」という部分は、誰にでもあるわけです。

     

     

    自分の中にあるものに目を向けずに、お金や権力や、ゲームやテレビ、自己啓発、自分の部屋などに逃げ込むと、不安や怒りとなって自分を苦しめることになるわけです。

    で、その不安や怒りはやがて自分自身を取り込み、人ではなくケダモノになってしまうんですね。

     

     

    自分の中にある「怒り衝動」をコントロールし、人として生きていくには、自分との対話が必要なのです。

    人として生きるのか否か。

     

    まったくもって、月末の社長が考えることではないですが…

    | レコちゃん社長の雑記 | 16:20 | comments(0) | - |
    << | 5/16PAGES | >>