レーザーディスクってまだ売れる? レーザーディスク買取りのレコちゃんカンパニー

 

レコちゃんカンパニーの塚本謙一です。

 

レーザーディスクって、意外とお持ちの方が多いですよね。

でも、いまさらどうにもならないって思っていませんか?

 

レーザーディスク自体、ソフトの販売は10年以上前に終わりましたし、画質面でも保管や再生の利便性も、DVD、ブルーレイにはかないませんし、いまはオンデマンド配信、ダウンロードでソフトを買うひとそのものが減っているご時世です。

 

でも、そんなご時世でも、レーザーディスクはちゃんと需要があるんです(細々ですが・・・)。

 

お値段的に価値が高いのは「ハイビジョンレーザーディスク」です。

MUSE Hivisionとか、Hi-Vision LDなどと表記されています。

ジャケットも重厚な作りで、一般のレーザーディスクよりも「格上」感があります。

 

新品の定価でも10,000円〜25,000円くらいと、同じタイトルでも倍以上値段が違いました。

現在の買取り価格も、ディスクやジャケットに問題がなければ、2,000円以上でお買い取りしています。

タイトルによっては、10,000円以上でお買い取りできる場合もございます。

 

そんなもの持ってない!

と言う方がほとんどだと思います。はい。

 

そのほかに買取り評価しやすいのが「dts仕様」です。

dts仕様でしたら、一般では買取りできない洋画タイトルも500円以上でお買い取り。

タイトルによっては2,000円以上で買取りできる場合もございます。

 

さらにさらに、ジャンルでいいますと、

アニメ(シリーズではなく、単作にレアものが多い)

特撮(ボックスセット、シリーズセットが良い)

アダルト(実写)

欧州系の映画

ホラー映画(サンゲリアなど)

というのが高評価になりやすいジャンルです。

 

やはり、傾向としてはメジャータイトルよりも、ちょっとマニアックな、コアなファンがいる作品が好まれます。

また、中古品相場というのは、「内容そのもの」よりも、「作品の希少性」に重きを置きます。

ですから、「名作だから高いはず」というのは、残念ながら必ずしも当てはまりません。

 

 

とにかく、レーザーディスクを処分しよう、整理しようと言う方は、一度レコちゃんカンパニーへご相談ください。

LDソフトと同時に、レコード、CD、DVD、ブルーレイなどもご売却いただければ、一度にまとめて高評価&お片付けができますよ。

くわしくはホームページにあります、お問い合せフォームからご相談ください。

https://www.recochan.jp

 

お客様に「ありがとう」と言っていただけるサービスを提供します。

レコちゃんカンパニーのホームページはこちらからどうぞ。